未払い残業代等の支払いを求められたが、弁護士の介入により300万円以上減額し合意となった事例

依頼者の属性
砂防調査会社
相手の属性
年齢30代、男性、正社員
受任内容
適正な範囲での未払い賃金や退職金の解決
弁護士法人ALGに依頼した結果
依頼前・初回請求額 約550万円
依頼後・終了時 約220万円

事件の概要

従業員から未払い残業代等の支払いを求めて、労働審判が提起されたもの。相手方の労働時間の主張の根拠が、LINEやメールに基づくものであったため、相手方の主張の不合理性や客観的事実に反することを事細かく主張することとした。

なお、退職の有効性については、特に問題にはなっていなかったものの、退職金の一切を支払わなかったため、その不支給決定が問題になった。

弁護方針・弁護士対応

相手方の主張する労働時間に実際に労務の提供がなかったことや相手方の計算に間違いがあることを指摘した。

また、相手方の主張してた出勤日に出勤がなかった旨等、相手方の主張に理由がないことを細部にわたり主張をした。

弁護士法人ALG名古屋法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方の請求額の減額ができた。なお、相手方の主張に一部合理性があったことと退職金の全部を不支給とすることは事案として困難であったため、和解金として、200万円で合意することになった。

企業側人事労務に関するご相談

初回30分電話・来所法律相談無料

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

※会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません