未払い賃金を請求してきた従業員と交渉し合意退職を成立させた事例

依頼者の属性
介護事業
相手の属性
年齢60代、男性、パート社員
受任内容
従業員からの退職合意の獲得
弁護士法人ALGに依頼した結果
依頼後・終了時 合意退職成立

事件の概要

パート従業員の契約更新の際に、会社が一方的な労働条件の引き下げ【賃金の引き下げを含む】を行ったところ、従業員が当該条件に同意せず、未払い賃金を請求する、労基署に行く等の発言があった。

そこで、当該従業員と円満な退職のための交渉の依頼を受けた。

弁護方針・弁護士対応

労働条件の一方的引き下げであることや割増賃金の支払いがないこと等の理由から、法的手続きに移行した場合のリスクが極めて高いと判断した。

そこで、早期の解決のため、早急に合意できるように交渉した。

弁護士法人ALG名古屋法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

最終的に相手が請求した金額が12万程度であったことから、早急に支払って合意退職を行った。

企業側人事労務に関するご相談

初回30分電話・来所法律相談無料

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

※会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません