団体交渉が申入れられてから2カ月程度で解決した事例

依頼者の属性
派遣会社
相手の属性
男性
受任内容
従業員からの未払い残業代
深夜割増賃金等の請求

事件の概要

依頼会社と相手方との間で、業務委託契約を締結していたところ、両者の関係が悪化し、相手方がユニオンを入れて団体交渉を申し込んだものです。

弁護方針・弁護士対応

労働者性が争いになったものの、依頼会社の意向もあり、早期解決の観点から、一定の金額を支払うことで、解決を図ることにしました。そこで、事実関係に関する主張や法的主張を行いつつも、基本的には、早期解決の方向で話し合いを進めました。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・労務案件担当弁護士の活動及び解決結果

団体交渉が成立し、協定書を締結することができました。また、金銭の支払いも当初の相手方の提案よりも減額することができました。更に団体交渉が申入れられてから、2カ月程度で解決することができました。

企業側人事労務に関するご相談

初回1時間電話・来所法律相談無料

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALG&Associatesにお任せください

※会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません