女性従業員が上司から暴行を伴うパワハラを受けて休業し、休業損害及び慰謝料を請求した事例

依頼者の属性
従業員数 100名~300名規模
資本金1000万円~5000万円規模
相手の属性
30代~40代女性従業員
受任内容
従業員からの慰謝料
休業損害請求に対する対応
弁護士法人ALGに依頼した結果
休業損害及び慰謝料 具体額の提示なし 約100万円

事件の概要

女性従業員が、上司から暴行を伴うパワハラを受けたとして休業し、休業損害及び慰謝料を請求し、警察に被害届を提出した事案

弁護方針・弁護士対応

介入時は、相手方が欠勤した状態で、休業損害及び慰謝料の請求をしている状況であった。会社としては、相手方に退職をしてもらいたい意向を有していたので、退職を条件として金銭請求に応じる方針をとり、金額交渉を行った。

弁護士法人ALG名古屋法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

退職及び被害届の取り下げを条件とした金銭の支払いについて合意が成立し、相手方は依頼会社を退職した。

企業側人事労務に関するご相談

初回30分電話・来所法律相談無料

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

※会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません