セクハラによる慰謝料請求事例

依頼者の属性
従業員数100名から200名
資本金5000万円から6000万円
相手の属性
男性
50代
取締役
会社
受任内容
役員からのセクハラに対する慰謝料請求
弁護士法人ALGに依頼した結果
依頼前 200万円
依頼後・終了時 30万円

事件の概要

入社直後から相手方から、身体的接触や性的に問題ある発言が繰り返され、その結果入社5カ月で退職せざるを得なくなりました。そのため、相手方に対してしセクハラを理由として慰謝料請求を要望していました。

弁護方針・弁護士対応

相手方が事前にセクハラに直結するには至らない程度の事実を認めてた書面が存在していたことから、既に退社した他の従業員にも事情聴取をして、セクハラの事実を立証しようとしました。また、併せて会社に対して職場環境配慮義務違反に基づき会社に対しても慰謝料請求することとしました。

弁護士法人ALG名古屋法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方らは、依頼者が主張する事実すべてを認めたわけはでないが一部事実を認め,謝罪と慰謝料の支払いによって解決しました。

企業側人事労務に関するご相談

初回30分電話・来所法律相談無料

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

※会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません