50:50の過失割合を25(依頼者):75に修正した事例

過失割合

被害者の状況:
頚部挫傷
腰部挫傷
争点:
過失割合
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 40万円 80万円 40万円増額
後遺障害等級 50対50 25対75 有利になるよう修正

交通事故事件の概要

路外に出ようとしたところ、相手方の自動車が追い越そうとし、依頼者の自動車と衝突したという事案。
本件において、過失割合につき重要な争点であった。相手方保険会社からは、当初、依頼者が80、相手方が20を示された。これに対し、当事務所の前の弁護士が交渉し、50対50に変更されたものの、これ以上、過失割合の変動ができないということであったため、当事務所に相談、依頼となった。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

依頼を受けた当初、過失割合の交渉を行ったところ、過失割合を依頼者が20、相手方が80という割合となった。もっとも、これ以上の変動ができないということであり、依頼者において納得できなかったことから、訴訟による解決を図ることとした。
訴訟において、相手方の追い越し方法が異常であり、専ら相手方の過失において事故が起きたことなどを主張したものの、客観的な証拠に乏しいこともあり、裁判官の心証としては、むしろ依頼者の方が過失割合が大きいとの見解が示された。そこで、再度詳細な主張を行うなどし、相手方が異常な走行方法をしたこと、依頼者において必要な注意義務を尽くしたことなどの主張・立証を行った。途中、裁判官が交代したこともあり、最終的には、依頼者の方が過失割合が小さいとの見解が示された。その結果、依頼者が25、相手方が75という割合で和解が成立した。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
12級
被害者の状況:
膝蓋骨骨折
膝後十字靭帯損傷
頚部・背部・腰部挫傷
争点:
逸失利益
過失割合
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金 約550万円 約900万円 約350万円の増額

交通事故事件の概要

ご依頼者様は40代の男性で、車両で進行中、一時停止無視で走行してきた車両に衝突される事故に遭われました。

また、過失割合を取られることについて納得がいかないと、治療中に、保険会社の対応を任せたいということでご相談され、ご依頼になりました。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様は、相手方保険会社から過失割合の根拠について説明されておらず、事故状況を十分把握されていなかったことから、過失割合が妥当かどうか、疑問をもっていました。

この疑問に答えるために、受任後、速やかに刑事記録を取り寄せ検討したところ、事故は相手方の過失が極めて大きいものでしたが、保険会社から提示された過失割合は、相手方の過失が極めて大きいことを踏まえた上でのものだったと考えられました。そのため、ご依頼者様にそのことを説明したうえで、ご納得いただき、示談交渉を行いました。

治療中は、相手方保険会社からの治療状況のお伺いや打ち切りの打診に対して、現在の症状について事細かくお伝えし、できる限り治療期間を延ばしました。

示談交渉段階では、相手方保険会社からは、当初約550万円の示談金が提示されていました。
特に、逸失利益の算定については、弁護士基準に比べて期間を大幅に短く提示してきており、その結果、約550万円というかなり低額の提示になっていました。

そのため、担当弁護士が、可動域制限は、一生付き合っていかなければならない辛い後遺障害なのに、なぜそのような短い期間になるのだと交渉を続けた結果、弁護士基準満額の逸失利益が認められて、約350万円の増額となりました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
争点:
過失割合
弁護士法人ALGに依頼した結果
ご依頼者様が無過失という内容での示談が成立

交通事故事件の概要

本件事故は、信号機のある交差点における出会い頭の事故でしたが、ご依頼者様と相手方が双方の赤信号無視を主張して過失割合が問題となった事案でした。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

当職は、ご相談を受けた際に信号機の色が争点となっていたことから訴訟により事実関係を確定することが必至となる事案だと考えました。ところが、事故態様に関する証拠を収集するため本件事故に関する刑事記録を取得したところ、相手方が捜査機関の取り調べに対し赤信号を無視していることを認めていたことが判明しました。

上記の内容を記載した供述調書の写しを相手方に示すことで、訴訟手続きをとることなく相手方に信号無視を認めさせることができ、ご依頼者様が無過失という内容での示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
争点:
過失割合
弁護士法人ALGに依頼した結果
ご依頼者様の過失割合を大幅に減少

交通事故事件の概要

交差点において、ご依頼者様車両が直進中、一時停止していた右方車両が突然交差点に進入してきたため、後方部分に衝突された事案につき、過失割合についてご相談をいただきました。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

一般的に、一時停止規制のある交差点において、一時停止規制を受ける側の車両と他方車両の基本過失割合は、双方同程度の速度の場合、80対20とされております。また、一時停止規制を受ける側の車両が、一時停止後、左右確認し徐行の上で交差点に進入した場合の基本過失割合は、60対40とされております。ご相談いただいた事案においても、相手方からの提示は一時停止後の基本過失割合に従ったものでした。

もっとも、本案件では、交差点進入時点において、停止していた相手方車両が、ご依頼者様車両が交差点通過途中に急発進して後方から衝突したという事情がありました。

当方としては、このような一般的な基本過失割合が想定している事実関係との相違点及び類似裁判例を調査し、主張することで、ご依頼者様の過失割合を大幅に減少させることができました。有利な事実関係を詳細に主張したことで、よい結果につながった事案です。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
14級9号
争点:
過失割合
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 8:2 3:7 依頼者側の過失割合8割を3割に

交通事故事件の概要

依頼者がバイクで道路を走行していたところ、相手方車両が道路上の動静を確認しないまま路外のガソリンスタンドから道路上へ進入してきたため、衝突されたという事故態様でした。
依頼者は事前認定の結果、後遺障害等級14級9号が認定されました。
相手方から賠償案が提示されたものの、依頼者に相当な前方不注視があったとして、過失割合が依頼者:相手方=8:2という内容でした。
依頼者はこの提示に納得がいかず、専門家の助力の必要性を感じられ、ご相談を受け、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が、依頼者から事故現場や事故態様を詳しく聴取したところ、本件事故現場は非常に急なカーブであり、カーブを抜けるまでの位置から路外にいる相手方車両を発見することは困難でした。
そこで、担当弁護士は、事故現場の航空写真等、事故現場を客観的に説明できる資料を提出し、事故現場の形状等から依頼者に大きな過失は見出せず、本件の過失割合は依頼者:相手方=1:9とするのが相当であると主張しました。
こうした交渉の結果、最終的に、依頼者:相手方=3:7の過失割合とする内容で、示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る