担当医と相談を行い後遺障害診断書を作成してもらった結果、14級が認定された事例

後遺障害等級認定

後遺障害等級:
併合第14級
被害者の状況:
腰の痛み
手足のしびれ
争点:
後遺障害等級認定

交通事故事件の概要

依頼者が路上で信号待ちをしていたところ、後方から相手方車両に追突された結果、受傷した事案。
過失割合は0(依頼者):100。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

依頼者より従前から腰痛等の症状があったとの申し出があったため、事故後の症状と事故との因果関係について、担当医と相談を行った。担当医の見解として、事故後の症状は事故によるものだと考えられるとのことだったため、後遺障害診断書の記載方法についてのご案内を行った上で、後遺障害診断書を作成いただいた。結果、後遺障害等級認定14級が得られたため、かかる等級をもとに示談交渉を行った。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る