事故前に退職しており、再就職が困難になった方の賠償金額が約180万円増額した事例

休業損害

後遺障害等級:
14級
被害者の状況:
頸部挫傷
腰背部挫傷
争点:
休業損害
逸失利益
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約143万円 約325万円 約182万円増額

交通事故事件の概要

依頼者は、後遺障害等級14級9号が認定されてから、ご相談に来られました。
依頼者は、事故前に従前の仕事をやめられていたために、事故当時、収入を得られていなく、派遣会社を通じて仕事をする予定でしたが、事故の影響により就労をすることが困難な身体の状況となり、親御さんの介護もしなければならない状況も相まって、再就職することが出来ていませんでした。
症状としても、手足のしびれが残り、歩行時にも臀部に痛みが走るなど、日常生活に支障がある状況で、後遺障害診断後もリハビリの継続をしなければ、親御さんの介護をしながら生活をすることが困難な状況でした。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご相談前に、保険会社からの示談金の提示額は、慰謝料が著しく低額で、休業損害や逸失利益を認めない損害額でした。
上記のように、依頼者は、就労をすることが容易ではないお体の状況で、親御さんの介護をしなければならない生活状況でした。
そこで、休業損害や逸失利益については、少なくとも、主婦の休業損害及び逸失利益として請求しました。
また、慰謝料については、弁護士基準で請求をしていきました。
保険会社にも、交渉し、慰謝料については弁護士基準での合意をさせることが出来ました。
休業損害や逸失利益については、依頼者の普段の生活の様子や普段になっている介護の状況を詳細に確認のうえで保険会社に説明し、一定の休業損害や逸失利益を確保することが出来ました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
12級13号
被害者の状況:
眩暈
ふらつき
争点:
休業損害(主婦休損)
逸失利益
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約334万円 約952万円(自賠責保険回収分含む) 約618万円の増額

交通事故事件の概要

依頼者(女性、70歳前後)がバスに乗車していたところ、このバスが事故を起こしたために負傷したという事故態様でした。
事前認定の結果、依頼者は、後遺障害等級12級13号の認定を受けましたが、相手方から提示された賠償案が適切かどうか判断がつかなかったため、弊所に相談されました。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方の賠償案を検討したところ、休業損害(主婦休損)及び逸失利益の提示額が非常に低い内容でした。
また、依頼者から具体的な生活状況等を聴取したところ、依頼者は高齢の夫婦二人暮らしで、配偶者は過去の病気により介護が必要な状況にあるとのことでした。
そこで、依頼者の主婦としての家事労働の必要性、特に配偶者の介護の必要性や本件事故によって配偶者への介護が十分にできなくなった点を書面に整理して主張したところ、相手方は当方の主張を受け入れ、結果として休業損害及び逸失利益が大幅に増額し、合計約952万円を支払ってもらう内容の示談が成立しました。
なお、12級13号の場合、裁判例でも労働能力喪失期間が10年とされるケースが多いですが、担当弁護士が配偶者の介護は10年で終わるとは限らないため、平均余命ベースで扱うべきだと主張した結果、通常より長い12年で算出されました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
被害者の状況:
腰椎捻挫(むちうち)
争点:
休業損害
弁護士法人ALGに依頼した結果
休業損害 0円 約32万円 請求額全額が認められる

交通事故事件の概要

依頼者(女性)は、本件事故によりむちうち症状を含めた怪我を負いました。
依頼者はシングルマザーで、正社員としてフルタイムで稼働しながらお子さんを育てており、事故後も休まずに出勤していた結果、相手方から症状固定後に休業損害は0円であるとの提示が出されました。
依頼者は、生活のために仕事を休むわけにはいかず、無理をしていた状態に対して、休業損害0円と提示されたことに納得がいかず、弊所にご相談されました。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が依頼者の生活状況を聴取したところ、正社員として業務をこなす一方で、お子さんのための炊事、掃除、洗濯といった家事労働もこなしていました。このような内容からすると、依頼者は、給与所得者かつ家事従事者という二面性があると評価でき、家事労働の休業を主張できるのではないかと考えました。
そこで、依頼者から、事故前と治療期間中におけるそれぞれの家事労働の実態(平日・休日に家事に費やす時間等)を聴取し、事故後どの程度家事に影響が出ていたかを詳細に整理しました。これらの情報をもとに、平日・休日の各1日あたりの賃金相当額、本件事故により依頼者の家事労働能力に何パーセント制限が生じていたかを算出して、その休業損害として約32万円の請求をしました。提示の結果、相手方は休業損害の請求額を全額認めました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る