休業損害を含め、約50万円増額した事例

休業損害を含め、約50万円増額した事例

後遺障害等級:
非該当
被害者の状況:
頸椎捻挫
争点:
休業損害
慰謝料
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金 約58万円 約108万円 約50万円の増額

交通事故事件の概要

怪我の影響及び怪我の治療のために病院に通院したことにより、家事に支障が生じた事案です。
保険会社からは、当初、休業損害として約30万円の提示がありました。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

保険会社は、休業損害の算定にあたり、1日6100円としていました。しかし、当職からは、賃金センサスを基準とし、1日約10000円を基準として算出すべきであることなどを主張しました。

その結果、休業損害として合計約53万円を支払いを受けることができました。
最終的には、慰謝料の点も含めると、交渉により約50万円の増額に成功しました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る