弁護士の介入により、数万だった増額幅を約30万円の増額に引き上げた事例

弁護士の介入により、数万だった増額幅を約30万円の増額に引き上げた事例

争点:
慰謝料の金額の増額の可否
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約40万円 約70万円 約30万円の増額

交通事故事件の概要

依頼者は、信号待ちをしていた際に、後ろから追突されて交通事故に遭った。事故により、むち打ち状態となり、4か月程度通院していた。その後、病院の担当医と症状について話し合い、治療をしても回復の見込みがないということで、通院を止められた。その後、保険会社から賠償額の提示があり、依頼者ご自身で増額を求めたが、数万円程度しか増額できず、ご相談に来られた。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手の保険会社の賠償金の提示額は、自賠責程度の金額で、最低ラインの金額の提示でしかなかった。そのため、裁判基準よりも大幅に開きがある金額の提示でしかなかった。ご依頼を受けて、改めて裁判基準での賠償額を提示したところ、当初の相手の保険会社の提示額よりも、30万円から40万円程度増額することが出来た。依頼者ご自身での増額交渉をしても数万円程度の増額しか相手の保険会社は認めなかったところだったが、弁護士が介入することで、増額幅を大幅に上げることが出来た。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る