後遺障害等級認定をサポートし、賠償額が増額した事例

後遺障害等級認定をサポートし、賠償額が増額した事例

後遺障害等級:
併合14級
争点:
慰謝料金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 申請前 14級 認定をサポート

交通事故事件の概要

依頼者は、40代後半の男性で、本件の事故は、依頼者が信号待ちをしている際に、10トントラックが後ろから追突してきて、依頼者の車を含めた4台を巻き込む事故となった。
依頼者は、保険会社から後遺障害分を含まない賠償額の提示をされて、納得ができず、当方にご依頼された。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

依頼者が、頸部の痛みなど、慢性的な痛みが生じており、後遺障害の見込みがあるということで、まず、後遺障害申請をした。
担当医師に宛てた手紙により、着眼点を示したことが功を奏したか、14級の認定がされた。
そのうえで、後遺障害申請の結果を踏まえて、賠償額の示談交渉をすることになった。
また、依頼者は、後遺障害認定がされた部位以外でも、痛みを訴えており、当該部分を考慮してもらえるような賠償額の提示を行った。

慰謝料を含んだ賠償額は、高額であったので、交渉により、依頼者が納得できる金額で落ち着くことは困難であったが、痛みの程度などを逐一説明し、提示額からの減額を可能な限り抑え、保険会社や依頼者を含めて、納得できる金額で解決となった。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る