観光ビザが切れた不法滞在者が不起訴処分となった事例

解決事例

依頼のタイミング:
勾留中
事件・罪名
出入国管理法違反
弁護士法人ALGに依頼した結果
不起訴処分

事件の概要

観光ビザで日本で入国した後、ビザが切れた後も日本に滞在をしていたところ、警察の職務質問により不法滞在をしていることが発覚して逮捕された事案

弁護方針・弁護士対応

出入国管理法違反以外に犯罪行為を行っていなかったこと、本人が反省して、自国に帰ることを誓約していること、それに協力してくれる友人もいたことから、刑事裁判にかけて処罰を与えるよりも自国に帰す方が適切として不起訴処分を目指す。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・刑事事件担当弁護の活動及び解決結果

こちらの意見がとおり、不起訴処分となる。これによって、依頼が終了したため、その後は、入国管理局と本人とが帰国に関するやり取りをすることとなる。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る
相続財産:
不明
依頼者の被相続人との関係:
相続人:
配偶者と子数名
争点:
被相続人と同居していた相手方が相続財産についての情報を秘匿してしまっており、相続財産がわからない
弁護士法人ALGに依頼した結果
被相続人の就業先と自宅の付近の金融機関を調査し、相続財産を発見。
相手方による引き出しも確認できた

事案の概要

実家に住んでいる親が亡くなったが、同居していた相手方(他の相続人)が、依頼者に対して相続財産を明らかにすることを拒んだため、相続財産が明らかにならなかった事件。また、相手方による相続預金の引き出しも疑われた。

弁護方針・弁護士対応

依頼者の方からわかる限りでの被相続人の情報をお聴き取りし、最終的には被相続人の勤務先と自宅の周辺数キロメートルの金融機関の支店に対し、遺産となるべき預金がないか調査。また、預貯金が明らかになった支店に対しては直近数年の取引履歴も取り寄せ。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

調査の結果、複数個所での預金が明らかになった。また、取引履歴を確認した結果、数年の間に数百万円規模の引き出しが発覚。

相続 解決事例一覧 相続ページに戻る
依頼者の属性
40代後半
女性
パート程度
相手の属性
40代後半
男性
自営業
受任内容
有責配偶者からの離婚請求
弁護士法人ALGに依頼した結果
相手は離婚をしたくない 離婚成立

事案の概要

依頼者は、相手から生活費を渡されないことやモラハラがあり、相手方との生活を継続できないと感じていた。そのようななか、依頼者は、他の男性と不貞関係にあり、そのことが相手方にも知られていた。

依頼者は、相手方とやりなおすことは不可能と判断して、別居生活を開始し、自身で離婚調停を申し立てた。しかし、相手方がかたくなに離婚を拒んでいたので、困り果てて相談に来られた。

弁護方針・弁護士対応

依頼者が離婚調停を申し立てて離婚の意思を示しても、相手が離婚に応じないということだったので、離婚訴訟を提起して相手に婚姻を継続しがたい重大な事由という、離婚事由があるということを主張していく予定だった。もっとも、受任後、相手が離婚調停を申し立てるとの意向であることがわかったので、相手が離婚調停を申し立てることを待つことにした。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手が離婚調停を申し立てる意向であるとわかってから、1か月程度待っても、相手が離婚調停を申し立てなかったので、当方から離婚調停を申し立てることにした。

その後、離婚調停において、慰謝料金額の交渉をしていった。相手は、一括で100万円以上の慰謝料を請求してきたが、依頼者は、資力がなく、一括で支払うことが困難であるということを再三にわたって主張し、依頼者が支払うことのできる分割金の支払いで合意することができ、離婚調停成立となった。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る
後遺障害等級:
14級
被害者の状況:
頚部痛(寝込むくらいの日もあり)
争点:
慰謝料
逸失利益
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約140万円 約180万円 約40万円の増額

交通事故事件の概要

ご依頼者様は50代の女性で、赤信号停車中に、追突される事故に遭われました。治療中に保険会社の対応を任せたいとご相談に見えました。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

頑固な頚部痛について後遺障害14級が認定されましたが、相手方保険会社より提示された賠償案は、逸失利益3年、慰謝料青本の下限という低額なものでした。そこで、客観的な所見があり、未だ自費で治療し続けるくらい症状が残っているのに、3年しか認めないのかと交渉し、年数を引き上げることができました。
また、慰謝料についても、治療経過、痛みの経過などを説明して交渉し、引き上げることができました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
依頼のタイミング:
逮捕・拘留中
事件・罪名
脅迫未遂罪
弁護士法人ALGに依頼した結果
不起訴

事件の概要

ご本人は出会い系サイトで知り合った男性と交際をしていましたが、この男性にとってご本人との交際関係が公になることは困るものでした。ご本人は、男性との交際関係を終了させたいと申し出ましたが、男性側からは交際関係を継続したいと縋られてしまいました。ご本人としては、どうしても交際関係を終了させたかったため、これ以上付きまとうのであれば、自分との関係を公にすると申し向けてしまいました。男性から、お金を払うから公にすることはやめてほしいといわれたため、ご本人は、お金を請求してしまいました。

弁護方針・弁護士対応

相手方の男性との示談と並行して、勾留処分に対する準抗告と早期の終局処分の申し入れをしました。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・刑事事件担当弁護士の活動及び解決結果

勾留処分に対する準抗告は認められませんでしたが、示談が成立したため、勾留延長措置尾等はなく不起訴処分を受けることができました。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る
相続財産
不動産
依頼者の被相続人との関係
叔父
相続人
争点
相続放棄(熟慮期間の起算点)
弁護士法人ALGに依頼した結果
相続放棄が認められる

事案の概要

10年以上前に被相続人が亡くなっていたところ、依頼者の元に役所からの通知が来たことで、被相続人の存在や被相続人の死亡、また、被相続人に財産があることなどを知る機会が訪れた。しかし、そもそも被相続人の存在すら知らなかったことから、自身が本当に相続人か分からない状況で3か月が経過した。その後、子から相続放棄をすべき状況であることを伝えられ、依頼者自身も相続放棄を希望するようになった。

弁護方針・弁護士対応

相続放棄の申述を行い、その中で、本件の事情を説明し、熟慮期間の起算点を子から相続放棄をすべき状況と伝えられた時点をする主張を行うこととした。具体的には、依頼者が被相続人の存在すら知らず、また、依頼者が高齢であることなどの事情も相まって、自身が本当に相続人に当たるのかの判断ができない状況であったのであり、子から相続放棄をすべき状況と伝えられたことで、初めて本当に自身が相続人に当たることなどを理解したなどの主張を行い、相続放棄の申述を行うこととした。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

相続放棄の申述が受理される。

相続 解決事例一覧 相続ページに戻る
依頼者の属性
20代
女性
派遣社員
子供有
相手の属性
20代
男性
会社員
受任内容
適正な財産分与
養育費を獲得したうえでの離婚
弁護士法人ALGに依頼した結果
離婚拒否
婚姻費用4万円
離婚成立
婚姻費用7万円
養育費4万円
財産分与100万円

事案の概要

本件は、相手方からの束縛及び言葉の暴力に耐えかねた依頼者が、子と自由な生活を送りたいと自宅を出て、別居生活を開始した事案です。
依頼者は、自身で調停を申し立てたものの、話し合いになりそうにないと判断し、弊所にご相談のうえ、ご依頼くださいました。

弁護方針・弁護士対応

本件は、相手方が離婚絶対拒否の姿勢を示しているうえ、生活費の支払いもしないという兵糧攻めの状況でした。
そこで、婚姻費用分担調停も同時に提起し、支払わなくても未払いが溜まるだけという状況を作り出し、その旨の説明もし、仮払いの約束をさせることから始めました。
そして、別居状態に変わりはないため、婚姻費用の支払い額と養育費の支払い額を比べさせ、それでも離婚したくないのかとの問いを投げかけてもらいました。
離婚については了承させ、財産分与についても、適正額を支払う旨了承させる方針で進めました。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

調停結果として、
・相手方が当方に財産分与として100万円を一括で支払うこと
養育費について、適正額を20歳まで支払うこと(その後については、子と相談すること)
等の内容で合意に至りました。
担当弁護士は、介入後初回調停期日までに依頼者との打合せを重ね、調停に臨みました。その結果、相手方からの資料待ちで複数回重ねることになったものの、充実した調停結果を獲得することができました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る
後遺障害等級:
併合14級
争点:
慰謝料金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 申請前 14級 認定をサポート

交通事故事件の概要

依頼者は、40代後半の男性で、本件の事故は、依頼者が信号待ちをしている際に、10トントラックが後ろから追突してきて、依頼者の車を含めた4台を巻き込む事故となった。
依頼者は、保険会社から後遺障害分を含まない賠償額の提示をされて、納得ができず、当方にご依頼された。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

依頼者が、頸部の痛みなど、慢性的な痛みが生じており、後遺障害の見込みがあるということで、まず、後遺障害申請をした。
担当医師に宛てた手紙により、着眼点を示したことが功を奏したか、14級の認定がされた。
そのうえで、後遺障害申請の結果を踏まえて、賠償額の示談交渉をすることになった。
また、依頼者は、後遺障害認定がされた部位以外でも、痛みを訴えており、当該部分を考慮してもらえるような賠償額の提示を行った。

慰謝料を含んだ賠償額は、高額であったので、交渉により、依頼者が納得できる金額で落ち着くことは困難であったが、痛みの程度などを逐一説明し、提示額からの減額を可能な限り抑え、保険会社や依頼者を含めて、納得できる金額で解決となった。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
相続財産
預貯金
依頼者の被相続人との関係
相続人
依頼者の兄弟姉妹
争点
生前に引き出していた財産の返還が認められるか
弁護士法人ALGに依頼した結果
0円 生前に引き出されていた金銭のうち、
相続分相当額の返還を受ける

事案の概要

母が亡くなり、子である依頼者と依頼者の兄弟姉妹でその遺産を相続することになった。しかし、兄弟姉妹の一人が遺産を開示しないまま、依頼者には相続する財産がないなどとしたため、遺産の分割協議が進まず、当事者間での協議が困難になっていた。
そこで、遺産分割協議の代理を依頼するため、当事務所に相談となった。

弁護方針・弁護士対応

遺産分割協議をするために交渉を開始したところ、遺産のほとんどが、生前に引き出されていることが判明した。また、交渉も平行線となり、話し合いでの解決が困難になったことから、生前に引き出された遺産の返還を求める訴訟を提起することとなった。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

訴訟において、主張を尽くしたところ、裁判所から一定の金額については、返還が認められるとの見解が示され、和解案が提示された。
そして、当事者双方共に、その和解案に了承したことから、裁判所における和解で解決することとなった。

相続 解決事例一覧 相続ページに戻る
依頼者の属性
20代後半
女性
依頼時は無職
相手の属性
30代前半
男性
自営業者
受任内容
慰謝料獲得のうえでの離婚の成立
弁護士法人ALGに依頼した結果
婚姻費用 月12万円
解決金200万円
未払婚姻費用5か月分合計50万円
解決金200万円

事案の概要

本件は、婚姻期間も数か月で、同居期間もほぼ無いような状態だった。依頼者と相手方とは、婚姻後、依頼者が妊娠したことを踏まえて、同居に向けた話し合いをしていた。しかし、相手方が依頼者に対し、突如として、離婚届けを突きつけて離婚を申し入れ、妊娠した点についても、中絶するようにと伝えていた。

依頼者としては、離婚等を突如として突きつけてきたことに納得できず、離婚条件としても、慰謝料等の支払いがなければ納得できない、ということで、依頼を受けた。

弁護方針・弁護士対応

依頼時、まず、相手方が依頼者に対し、生活費を支払っていなかったので、まず、婚姻費用の支払いを求めた。裁判上の離婚の場合でも、婚姻費用の支払いをしながら、一定の別居期間を経る必要があるので、早期の離婚を相手方が求めている点について、別居期間に相当する婚姻費用の支払いをしなければならないことを理解させて、解決金の支払いを求めた。

婚姻費用の金額がまとまらなければ、調停により、婚姻費用の金額を定め、早期離婚を求める相手に離婚調停を申立てさせて、解決金の支払いを求めていくことにした。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

婚姻費用について、交渉を重ねても、相手は婚姻費用を支払うことに納得しないようだったので、交渉での早期解決が不可能と判断し、婚姻費用の支払いを求めて、婚姻費用分担調停を申立てた。それにより、相手も婚姻費用の支払いを理解し、解決金の支払い、未払婚姻費用の支払いをすることを条件に、離婚条件がまとまった。

婚姻費用の金額については、依頼者が依頼時以降に働き始めたという経緯もあるので、婚姻費用の金額について一定程度譲歩した。最終的には、未払婚姻費用と解決金の金額の合計で、当初依頼者が望んでいた金額で離婚条件をまとめることができた。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る