父の遺産分割審判と母の遺留分請求を同時に解決した事例

遺留分侵害額請求

相続財産:
自宅不動産
預貯金
有価証券、保険
未分割の相続財産
依頼者の被相続人との関係:
相続人:
姉2人
争点:
遺留分侵害額請求
弁護士法人ALGに依頼した結果
Before&After 公正証書遺言に基づき、
母の遺産を姉がすべて取得
遺留分割合の6分の1を金銭で取得

事案の概要

父の遺産分割が審判にまでなって争いが過熱する中、母が死亡。母は、母の遺産を姉にすべて取得させる旨の遺言を残していた。そのため、姉は、自分一人ですべての遺産を取得するとのことだった。
依頼者は、母が死亡してから1年が経過してしまうということで、時効ぎりぎりに弊所に相談に来た。また、父の遺産分割審判での姉とのやり取りに疲れ、弊所にすべてを任せたいとのことだった。

弁護方針・弁護士対応

依頼を受け、即日で遺留分侵害額請求を行う旨の通知を相手方に送り、相続財産資料を集め始めた。また、未分割の父の遺産もあったため、そちらについては審判の確定まで待つことになった。
不動産については、父と母の名義だったが、相続人全員が取得したくないとのことだったため、売却を待つことになった。相手方としては、売却価格から諸経費を控除した額で支払いたいとのことだった。しかし、父の遺産分割審判が確定し、依頼者が早く姉とのやり取りに決着をつけたいと言い始めたため、不動産時価額での取得分の即日支払いを相手方に提案した。
また、相手方が控除すると言ってきた費用面について、依頼者が納得できるような資料を提出させた。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

結果として、遺留分侵害額について、合意書締結後すぐに金銭のみで支払われることになった。また、不動産について、父の遺産の相続部分についても売却後となっていたのが、母の遺留分侵害額請求と同時に金銭解決することができた。そのため、依頼者と姉との相続についてのやり取りは、今回で父の分も含め完全に終了することができた。

相続 解決事例一覧 相続ページに戻る