遺産の内容が明らかではない相続の遺産分割を行った事例

遺産分割

相続財産
当初不明→不動産及び数百万円程度の金融資産
依頼者の被相続人との関係
相続人
他の相続人数名
争点
相続財産の有無及び金額、どのような遺産分割を行うか
弁護士法人ALGに依頼した結果
数百万円程度の財産を獲得

事案の概要

被相続人と同居していた相続人から遺産の内容を明らかにしてもらえず、さらに当該相続人から低額な金銭のみを支払うので遺産分割協議書を締結するようにとの申し出がありました。

弁護方針・弁護士対応

遺産調査を行い、金融資産の存在を確認。また不動産の価値についても調査を行いましたた。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方に対し、法定相続分での分割を求め、最終的に数百万円程度を獲得しました。

相続 解決事例一覧 相続ページに戻る