姉弟間の遺産分割問題で弁護士が介入し調停が無事成立した事例

姉弟間の遺産分割問題で弁護士が介入し調停が無事成立した事例

相続財産
預貯金
国債
現金等
依頼者の被相続人との関係
相続人
他1人
争点
寄与分
弁護士法人ALGに依頼した結果
遺産分割が調停が成立

事案の概要

姉弟間の遺産分割が問題となったもの。弊所が介入する前から、当事者間のお話合いが拗れ、相手方は弁護士を立てていた。そこで、弊所にご相談に来ていただき、依頼していただいたものです。寄与分が問題になり、双方弁護士が介入した事件。相手方から遺産分割調停と寄与分の調停が申立てられました。

弁護方針・弁護士対応

ご依頼者様の意向もあり、当初より、一定の譲歩をする方針でいた。もっとも、相手方が割合について、8対2で分割するような提案をしてきたため、相手の主張に根拠がないことを主張しました。

弁護士法人ALG名古屋法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

当初から当方の提示していた条件で調停が無事に成立しました。また、ご依頼者様の意向もあり、接触禁止条項をつけました。

相続 解決事例一覧 相続ページに戻る