遺言の有効性を争いつつ相手方からの賠償請求を減額した事例

遺言の有効性を争いつつ相手方からの賠償請求を減額した事例

相続財産
不動産
預貯金
依頼者の被相続人との関係:
義母
相続人
義母
争点
遺留分侵害請求
遺言の有効性
不法行為責任
弁護士法人ALGに依頼した結果
請求された金額 約1400万円 約450万円 約950万円の減額

事案の概要

被相続人の遺言が複数発見されており、遺言の内容に従って遺産を分割しようとしたが、相手方から遺留分の侵害を請求され、かつ不法に住居権を侵害したものとして、遺留分侵害請求及び損害賠償請求をされた。

弁護方針・弁護士対応

以後の内容上、遺留分を侵害していることは争いがないため、相手方から提出された遺言書のうち相手方に有利な遺言書が偽造ないし破棄された可能性があったため、遺言書の有効性を争いつつ、依頼者が不法行為責任を負わないとの主張を展開した。

弁護士法人ALG名古屋法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

請求されていた金額を減額したうえで、和解した。

相続 解決事例一覧 相続ページに戻る