相続放棄の熟慮期間経過後に申し立てた相続放棄が受理された事例

相続放棄の熟慮期間経過後に申し立てた相続放棄が受理された事例

相続財産
なし
相続人
依頼者の兄弟
争点
相続放棄の熟慮期間経過後に申し立てた相続放棄
弁護士法人ALGに依頼した結果
相続放棄が受理される

事案の概要

遠方でに居住しており、疎遠だったた依頼者の親である被相続人が死亡後、被相続人への市民税の請求が依頼者の元に来た結果、被相続人の死亡及び自信が相続人である事実を知った。
依頼者としては、相続放棄をする意向だったが、3か月を経過してしまっていた。

弁護方針・弁護士対応

依頼者が被相続人と物理的・社会的に疎遠であったため、他の兄弟を含め相続放棄が完了しているのかについて調査の上、自身が確定的に相続人の地位にあることを知った時期を熟慮期間内と立論した。

弁護士法人ALG名古屋法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

相続放棄が認められた

相続 解決事例一覧 相続ページに戻る