起訴される可能性のある盗撮事件において、弁護士を通じ示談で収めることのできた事例

盗撮

依頼のタイミング:
起訴前
事件・罪名
盗撮
結果
不起訴

事件の概要

盗撮をしてしまい、警察の捜査を受ける。盗撮直後に被害者の方も盗撮の事実を認識した件。

弁護方針・弁護士対応

盗撮そのものは初めてではないとのことで、起訴される恐れもある事件。
方針としては被害者の方との示談を最優先で行うこととし、弁護士から本人の謝罪の気持ちと被害弁償をしたい気持ちを誠実にお伝えした上で示談のお願いを行う。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・刑事事件担当弁護の活動及び解決結果

被害者の方の怒りは大変大きなものがあったが、ご本人も2度とこのような行為はしないと誓い、弁護士を通じ、できうる限りの謝罪と賠償をすることでなんとか示談のお許しを頂く。
検察庁にもその旨を報告し、結果としては不起訴となる。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る
依頼のタイミング:
逮捕前
事件・罪名
迷惑防止条例違反事件(盗撮)
結果
不起訴処分

事件の概要

本人が店舗にて女性の下着を盗撮した事件。

弁護方針・弁護士対応

本人が盗撮行為を認めていたこと、本人が反省しており、示談交渉及び再犯防止の具体策を明らかにする方針にしました。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・刑事事件担当弁護の活動及び解決結果

被害者がそもそも示談に応じなかったことから、担当検察官に連絡を入れた上で、今後の再犯防止策を説明のうえ、不起訴が相当であるとの意見書を提出しました。その結果、不起訴処分となりました。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る