覚せい剤取締法違反事件で執行猶予付き判決を得ることができた事例

覚せい剤取締法違反事件で執行猶予付き判決を得ることができた事例

依頼のタイミング:
勾留中
事件・罪名
覚せい剤取締法違反
結果
執行猶予

事件の概要

ご本人が覚せい剤を使用・所持したということで逮捕・勾留されたもの

弁護方針・弁護士対応

ご本人が当初から自白をしていた事件であったため、情状弁護を行い,執行猶予付きの判決を目指すことにした。

弁護士法人ALG名古屋法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

監護者らの協力もあり、無事に執行猶予付き判決を得ることができた。
また、事前に保釈もすることができた

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る