迷惑防止条例に違反したが弁護士介入によって被害者と示談する事ができ不起訴となった事例

迷惑防止条例に違反したが弁護士介入によって被害者と示談する事ができ不起訴となった事例

依頼のタイミング:
捜査中
事件・罪名
迷惑防止条例違反
結果
不起訴処分

事件の概要

ご本人が女性に対して着衣の上から触ってしまった。

弁護方針・弁護士対応

ご本人が認めていたことや早期な解決を求めていたことから、被害者の方と示談を行うという方針とした。

弁護士法人ALG名古屋法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

被害者の方と示談ができ、警察にも反省文を提出したところ、不起訴となった。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る