児童買春の容疑に関する不起訴処分を獲得した事例

児童買春の容疑に関する不起訴処分を獲得した事例

依頼のタイミング:
勾留中
事件・罪名
児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び
処罰並びに児童の保護等に関する法律違反事件(児童買春)
結果
不起訴

事件の概要

ご本人が18歳未満の者と性行為をしたとして、児童買春の容疑で逮捕された事件。

弁護方針・弁護士対応

ご本人が被疑事件について、全面的に否定していたため、不起訴処分を目指すことする。そこで、犯罪現場となった現場に足を運んだり、アリバイを証明するための証拠収集を行う。

また、ご本人には、誤った自白が取られないように黙秘権の説明を行うなどして対応をしました。

弁護士法人ALG名古屋法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

弁護活動が功を奏したのか、担当検察官は、ご本人を起訴することはなく、最終的に不起訴処分となりました。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る