盗撮行為に関する不起訴処分を獲得した事例

盗撮行為に関する不起訴処分を獲得した事例

依頼のタイミング:
逮捕前
事件・罪名
迷惑防止条例違反事件(盗撮)
結果
不起訴処分

事件の概要

本人が店舗にて女性の下着を盗撮した事件。

弁護方針・弁護士対応

本人が盗撮行為を認めていたこと、本人が反省しており、示談交渉及び再犯防止の具体策を明らかにする方針にしました。

弁護士法人ALG名古屋法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

被害者がそもそも示談に応じなかったことから、担当検察官に連絡を入れた上で、今後の再犯防止策を説明のうえ、不起訴が相当であるとの意見書を提出しました。その結果、不起訴処分となりました。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る