交際相手に対する傷害罪に関する不起訴処分を獲得した事例

交際相手に対する傷害罪に関する不起訴処分を獲得した事例

依頼のタイミング:
勾留中
事件・罪名
傷害罪
結果
不起訴

事件の概要

交際相手との痴情のもつれから、交際相手に暴行のうえ傷害容疑で逮捕された事件。

弁護方針・弁護士対応

ご本人が被疑事件について否定していたため、当初は否認前提の不起訴処分を目指すことする。その後、本人及び親族が早期の身柄解放望んだため、被害者との示談のうえ被害届の取下げを実現すべく被害者と接触の上、示談交渉をしました。

弁護士法人ALG名古屋法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

被害者との示談交渉では示談金額で対立があったものの、示談金額に折り合いをつけることに成功し、示談成立のうえ被害届の取下げまで実現しました。その結果、担当検察官は、ご本人を起訴することはなく、最終的に不起訴処分となりました。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る