弁護士 田岸 大輝のプロフィール

弁護士 田岸 大輝のプロフィール

弁護士 田岸 大輝

依頼者の立場を考え,依頼者に寄り添う存在でありたい。

弁護士 田岸 大輝Hiroki Tagishi

愛知県弁護士会所属

弁護士 田岸 大輝からのメッセージ

依頼者の立場を考え,依頼者に寄り添う存在でありたい。

弁護士は,紛争の渦中にいる当事者ではありません。だからこそ,第三者的視点をもって,紛争について冷静に分析し,今後の手続や紛争の見通し等について法的アドバイスを提供することができるという側面があると思います。

しかし,弁護士の役目としては,依頼者に寄り添うという側面も非常に重要であると思っています。弁護士事務所に相談に来られる依頼者の方々は,様々な悩みを抱えておられます。例えば,離婚の案件であれば,子供の親権をもらえるのか,財産分与によって将来の生活を確保することができるのか等の悩みを抱えておられます。他には,相続の案件であれば,親族の方が亡くなったことだけでも精神的に大きな負担になりますが,被相続人の遺産を巡って親族間で骨肉の争いとなったことで悩まれる方も少なくありません。

昨今では,弁護士の仕事も人工知能(AI)に取って代わられるのではという議論もあります。しかし,依頼者の悩みに耳を傾け,依頼者の精神的負担を軽くすることができるのは,同じ生身の人間でなければできないことだと思います。そのため,弁護士には,法的サービスを提供するだけでなく,依頼者に寄り添い,精神的負担を軽くするという役目も求められています。私は,紛争が解決した時,最初に相談に来られた時よりも少しでも明るい顔になってもらいたいと思っています。

これまで育ててくれた地元への恩返しとして,良質な法的サービスを提供します。

私は,愛知県名古屋市で生まれ育ちました。そのため,東海地区に対する愛着は,人一倍強いです。

東海地区は,東京と大阪の中間に位置し,非常に利便性の高い地域です。そのこともあって,東海地区には世界的に活躍する大企業も数多く存在し,これから益々,企業の成長を期待することができる地域であると思います。

働き方改革が進められている現在,企業は大きな変革を求められています。それに伴い,企業法務の重要性は更に高まっています。私は,企業法務という形で,東海地区の企業の成長の後押しをし,地元の発展に寄与したいと思い,地元で弁護士として活動したいと思いました。

人となり

学生時代の部活

バスケ部、卓球部

感銘を受けた書籍

宮部みゆき「火車」、森博嗣「女王の百年密室」

人生の目標

誰かから必要とされる人間になること

座右の銘

起きて半畳寝て一畳
弁護士 田岸 大輝

経歴

  • 金沢大学 法学部
  • 愛知大学法科大学院

仕事をするうえで、心がけていること

日々の自己研鑽を怠らず,更なるサービスの向上を心がけています。

依頼者の方が弁護士事務所に持ち込まれる紛争には,様々なものがあり,その分野も多岐に分かれます。

加えて,法律は,政治や社会情勢の変動によって,新たに作られたり,変更されたりすることが少なくありません。このように多分野にわたる紛争を処理する必要性や状況の変化に対応する必要性が存在することから,依頼者の利益に応えるためには,日々,最新の判例を調査したり,法令の改正等に注意を払ったりする等,勉強を継続していかなければなりません。そのため,私は,依頼者利益に応えるために,日々,自己研鑽を怠らないよう心がけています。

依頼者からの「ありがとう」の言葉に働きがいを感じます。

交通事故の交渉案件で,依頼者の方は,相手方保険会社の提示金額で示談に応じることに納得していました。しかし,私は,依頼者の利益のために,相手方保険会社の提示金額よりも高い金額で交渉をかけ,結果として,依頼者の方が納得していた金額よりも高い金額で示談することができました。そのことを依頼者の方に報告したら,依頼者の方から,「本当ですか。先生ありがとうございます。」という言葉をいただくことができました。このことが自信にもなりましたし,素直に嬉しかったです。

このように,依頼者の方に,自分の仕事を評価してもらい,感謝の言葉をいただけた時に,弁護士としての働きがいを感じます。

身近な存在として,いつでも気軽にご相談ください。

弁護士に相談するということは,敷居が高いと感じるかもしれません。しかし,弁護士に相談することで,自分の抱えている悩みを法的にどのような手段で解決することができるのか,今後の見通しとしてどのようになるのかについて知ることは,安心をもたらすことになります。また,自分が抱えている悩みを誰かに相談するだけでも,精神的な負担は軽くなります。

 そのような存在として,いつでも気軽に相談していただいて,弁護士を活用していただけると幸いです。

弁護士 田岸 大輝